借金問題と結婚について

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。そのため、結婚の予定があっても無関係です。債務整理したことで、婚約者や家族が返済義務を負うということは100%ありませんから、心配なきよう。

とはいうものの、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。債務整理についてお互いが納得した上で結婚へ進みましょう。過去には出資法に従い、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が日常茶飯事でした。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。今は利息制限法の上限を上回る金利は違法な貸付です。

すなわち、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行なう事によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。 これを過払い金請求と言います。弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。

離婚訴訟等を専門とする弁護士や、債務整理を処理したことのない司法書士の場合や、自己破産で資産の隠匿を相談したり、借金の発端がもとで免責決定が得られ沿うにないときなどが考えられます。もし前者であれば、逆に経験を積んだ法務事務所や法律事務所というのを探せば良いのです。最近ではネットで時間を気にせず探せますし、費用などの目安もわかります。

生活保護を受けているような人が債務整理を依頼することは出来るということですが、どうしても利用出来る方法は限られてしまうことが多くなってしまいます。

そもそも弁護士の方も依頼を断って来る可能性もあるので、実際に利用可能なのかをしっかり考えた上で、ご依頼ください。
借金 返せない 相談